交通事故をスムーズに解決するために弁護士に相談

トラブル

被害者も加害者も交通事故のトラブルは弁護士に相談

今の世の中、誰がいつ交通事故に遭ってもおかしくないような状態です。自分が交通ルールをしっかり守り、周囲に気を配っていても追突されたり衝突を免れず、交通事故の被害者となってしまったり、いつもは気を付けているのにちょっとしたはずみで自分の方から追突してしまい加害者になるということもあります。普通に歩いているだけでも車やバイク、または自転車に充てられて被害を被る場合もあるのです。

このような交通事故が日本中のあらゆるところで毎日何件も起きているのが現状で菅、万一このように事故に巻き込まれた場合はどうしたらよいでしょうか。

まず自分の責任で相手の車両や体に損傷を負わせてしまった場合、まずは人命が第一なので、けがをしている場合には救急車を読んで搬送してもらい、次に警察に現場検証をしてもらいます。そして任意保険に加入をしている場合にはただちに保険会社にも連絡を取り、警察が検証した証明書をもとに保証金額などを決めてもらうのですが、加害者となってしまったら保証額は保険会社にお任せして、警察への出頭と相手への謝罪を必ず行うようにします。

また交通事故の被害者となった場合ですが、被害者だからといって100%加害者が悪いということは少なく、完全に止まっている車両に充てられたり、きちんと青信号で横断歩道を渡っているのに車にはねられたりしたとき以外はほとんどが被害者側にも過失があるということでその過失の割合に応じて相手の保険会社に保証をしてもらうことになります。しかし自分にけががなく、車も大した損傷でなければ車の修理代を支払ってもらうことで多くの人は納得できますが、自分にけががあってしかも後遺症をのこし今後の仕事や生活に支障をきたしてくる場合には、相当額の賠償金や慰謝料を支払ってもらうことができるのですが、保険会社が提示してくる賠償額は低めのことが多いので、被害者にとっては納得ができない場合が多いのです。

しかし法律にあまり詳しくない素人が交通事故に詳しい保険会社に不服を申し立てても、思うようにしてもらえることはなかなか難しいので、そのようなときには弁護士に相談をし、保険会社と交渉をしてもらうとよいでしょう。

また交通事故は目撃者や証拠がないこともあるので、どちらにとっても腑に落ちない結果になることがあります。そんなときにも弁護士に相談をしてみるとよいでしょう。
弁護士は自動車保険の保証内容に含まれている場合があるので、加入の際に付加しておくとよいでしょう。

Copyright© 2015 交通事故をスムーズに解決するために弁護士に相談 All Rights Reserved.