交通事故をスムーズに解決するために弁護士に相談

弁護士がついたら

交通事故で弁護士がついたことを示す通知の効果

交通事故で相互の交渉が進まない場合には、弁護士をつけて相談することが一番効果的な方法です。相手方の保険会社はそのような人がついたとたんに対応が変わってくる場合も多く、慰藉料もそれまで提示していた上限の金額よりもはるかに高い金額を提示してくることも少なくありません。しかし、その為には相手方にこのことを正式な文書で知らせることが大切です。そうしないと相手方は信用しないからです。

交通事故において交渉が難航することが多いのが慰謝料の金額です。一般的に物理的な修理代金や怪我の治療費などは警察による事故証明に基づいて一定の基準で判断し、支払ってくれます。また、最近の事故の傾向として停止していた車両にぶつかるということも多く、この場合には加害者が一方的に悪いと判断されることが多い為、全額相手方の保険会社から支払われることで解決することが多いものです。しかし慰謝料については明確な基準が無いため、出来るだけ少額で済ませたい保険会社と出来るだけ沢山もらいたい被害者の側とで交渉が難航することが多いものです。また、交通事故の状況によってはどちらに非があるのか不明確になる場合もあり、この場合には相手方の保険会社が争ってくる場合もあります。そのような場合には保険会社と直接交渉すると非常に不利なため、弁護士を立てて争う方が効果的です。その際には、相手方に受任通知という書面を発行して、その旨を通知することで正式に弁護士に依頼したことを知らしめることが有効です。最近ではその旨を口頭で伝えたり、弁護士が直接電話しても信用されない場合も増えていること、また担当弁護士を語って慰謝料を横取りする詐欺なども横行しているので、必ず通知を行って選任した旨を相手方に伝えて交渉を行うことが重要になります。

交通事故の問題の解決は当人同士では非常に難しく、第三者を立てて交渉することが冷静に公正に解決するために最もよい方法です。しかしその解決は然るべき代理人同士が相手の立場を信頼し尊重する所から始まるものです。その為に、交渉が進まない場合や双方の言い分が食い違ってしまう場合などは弁護士を正式に立てて交渉することで法律的な根拠の上で交渉を行うことができ、交通事故の問題の公正な解決に導く早道となります。そしてこのことを相手方に弁護士が受任通知で知らせることで、正式に依頼を受け代理人として交渉にあたることを宣言することになり、不要な疑いを排除することにもなるのです。

Copyright© 2015 交通事故をスムーズに解決するために弁護士に相談 All Rights Reserved.