厚木市で一戸建てを買うときに知っておくと便利な情報

マンションと一戸建て

厚木で選びならマンションと一戸建てのどっちが良いか

厚木で居住用物件を選ぶ際には、マンションと戸建住宅のどっちが良いのか迷いますが、まずは希望する条件を決めるところから始める必要があります。住宅は購入後に立地条件を変えることができませんので、マンションでも一戸建てでも最も大切な部分が立地条件となります。立地条件にはアクセスの良さも関わってきますし、子どもがいれば学校や病院など周辺環境の充実度も選択条件となります。

また新築物件とするか中古物件とするかでも、選択する物件が異なりますので、希望条件をしっかりと決めることが物件選びの基本となります。中古物件を選ぶ際には、厚木と言う地域性を考慮すれば中古マンションも良い選択となります。中心部のアクセスの良い地域に建てられた物件でも、年数の経過とともに安くなってきますので、低価格でアクセスの良い立地条件を手にすることが可能です。新築物件では、一戸建て住宅の場合には郊外型が多くなりますので、都市中心部からは離れた地域に購入することになります。

中心部は地価が高いため、新築物件を購入するには高額な費用が必要となります。一戸建て物件ではさらに構造による違いがありますので、構造も選択基準の一つとなってきます。木造であれば低価格で購入できる反面、耐久性が低いため建て替えの頻度が高くなってしまいます。また中心部に新築する場合には、建築基準法により構造が制限される場合もあります。

ですから地域によって木造でも新築できる場合もあれば、鉄筋コンクリート造などの構造を選択する必要があるのです。構造によっても価格が異なりますし、新築と中古でも価格が異なってきますので、特に厚木のような中心部の地域では希望条件を明確にしなれば選びにくくなってしまうのです。一戸建てとマンションの違いでは、自由に利用できる土地があるかないかの大きな違いが出てきます。

一戸建てでは土地も含めて全てを所有し自由に利用できますが、集合物件では登記簿上の土地しか所有することができないため、将来的に土地を活用できるかどうかが違いとなってきます。

土地の価格は余程の事象が起こらなければ半永久的に価値を保ちますので、建物が古くなっても簡単に建て替えることが可能です。また売却する事になった場合でも、一戸建て住宅では価値が高いために高く売ることが可能です。一戸建てには一戸建てのメリットがありますが、マンションにもメリットがありますので、物件に求める条件を決めてから選ぶことが大切なのです。”

Copyright© 2018 厚木市で一戸建てを買うときに知っておくと便利な情報 All Rights Reserved.