交通事故をスムーズに解決するために弁護士に相談

診断書

交通事故で弁護士を雇うなら診断書が出来る前がベスト

交通事故が発生して自分が負傷してしまったという場合、その負傷に関して賠償金や慰謝料を請求したいと考えるのが当然のことです。
そして状況にもよりますが、ほとんどの場合はなるべく多く請求したいと考えるものでしょう。
そこで弁護士を雇うということには非常に大きな意味があり、交通事故の解決を図る示談交渉などで弁護士の力を借りられると通常よりも多くの賠償金や慰謝料を引き出せるということになります。

さて、しかしながら弁護士に交通事故の解決を依頼するにはいつが良いのかということは多くの人が悩むところです。
これについていつがベストなのかと言うと、最も良いのは診断書が出来る前です。
どうして診断書が出来る前に依頼をするべきなのかと言うと、特に大きいのが「交通事故の診断書は賠償金や慰謝料に対して大きな影響を与える」ということです。

賠償金にしろ慰謝料にしろ、交通事故後に支払われる額は「被害者が被った被害」をベースとして算定することになります。
ほとんど怪我もしなかった場合よりも大怪我をした場合の方が高額になります。
そしてその怪我の度合いを判断するには医師の作成する書類が重要なのですが、医師によってはこの書類の作成で必要な内容が抜け落ちてしまうことがあるのです。

特に問題となるのが後遺症が発生した場合において、その後遺症と事故との因果関係が医師が作成した書類によって立証されていないというケースです。
もちろん医師がわざと交通事故を小さく処理しようとしているわけではなく、必要な情報を最低限記録していった結果、不幸にもその情報が漏れるというケースがかなり多いのです。

しかしこの点において、弁護士がその診断書の内容を確認することが出来るようにしておけば弁護士の方から「この書類ではここが不足しているから再度作成して下さい」というように注文を出すことができます。
場合によっては交通事故後の治療に長けた専門医を弁護士から紹介してもらえる可能性もありますので、賠償金や慰謝料だけではなく今後の治療においても力になってくれる可能性があるのです。

もし診断書を作成し終わってから弁護士に依頼するとなると、内容の不足などによって思うような交渉が出来ないリスクが発生してしまいます。
「診察が終わって交渉が始まってから依頼しよう」とするのでは間違いなく遅いのです。

交通事故の処理はスピードが命ですから、依頼をするのであれば早い段階から相談をしていくようにしてください。

Copyright© 2015 交通事故をスムーズに解決するために弁護士に相談 All Rights Reserved.