交通事故をスムーズに解決するために弁護士に相談

不服な点

交通事故で不服な点があれば弁護士に相談して解決をしてもらいましょう

交通事故は誰にでも起こりうることで、交通ルールをきちんと守っていたつもりでも一瞬の間、ぼーっとしていたり、何かで視界が遮られた時など瞬時に起こってしまいます。電柱や物に当たって自分の車と当たったものの賠償金を支払うくらいのものや、相手が車でも軽く当たって少しへこんだという軽い交通事故なら支払いにかかる費用はそれほどでもなく加入している保険会社に任せておく程度でよいのですが、相手がけがをした場合には人身事故となり治療費や仕事復帰できるまでの分の生活費を支払ったり、行為sy峰が残った場合にはその後の生活の保障をする必要もあり、多額な慰謝料を支払うことになります。

ましてや相手が死亡をしてしまった場合には、遺族には一生をかけて罪の償いをするために、深い謝罪と多額の慰謝料を支払うことになります。そのように交通事故で加害者となって多額な費用を払う必要が出てきても、自賠責保険だけでなく任意保険に加入をしていればその保険会社が保障してもらえるのですが、相手やその家族への精神的苦痛に対する慰謝料は、保険会社としては低い見積額となりがちです。

被害者からしたら慰謝料の提示に不服を感じることも出てくるでしょう。そんな時には無料で相談できる弁護士もあるので一度相談をしてみるtことで相手の保険会社と話し合ってもらい解決できる可能性があります。
また交通事故に遭うと、物を破損しただけという以外は、加害者と被害者という関係ができます。交通事故の状態が軽く、けがもない場合で、被害者も納得したうえで示談になるということもありますが、ほとんどは車を修理したり治療費の関係もあって保険会社の保障を受けるために警察をよび検証を行ってもらいます。それでも事故は一瞬の出来事でお互いの主張することに食い違いが出てくることも多々あるのです。被害に遭った車が止まっているときや歩行者が安全に通行していたにもかかわらず車にはねられたという以外は被害者にも少なからず非があるということで100%加害者が悪いということにはなりません。お互いの状況に応じて7対3とか8対2などと割合で保険会社が決めて保障してもらうことになるのですが、その割合に不服がある場合も弁護士に相談してみて解決することもあります。保険の保障内容に弁護士費用として組み込まれている場合もあるので、それに加入している場合には利用すると良いでしょう。できるだけ交通事故に詳しい弁護士に相談することで相談者の話の内容にのっとって相手の保険会社や弁護士同士で解決してもらうこともできます。

Copyright© 2015 交通事故をスムーズに解決するために弁護士に相談 All Rights Reserved.