厚木市で一戸建てを買うときに知っておくと便利な情報

一戸建ての固定資産税

厚木の一戸建ての固定資産税について

神奈川県厚木市の固定資産税について一戸建てを建築した場合についてはいくらぐらいかかるのか分かりにくいことがあります。新築の時には厚木市や場合によっては神奈川県などの行政から、固定資産の評価額を確認しに来ますから、そこである程度は分かることがありますし、評価が終わった後にその評価額を教えてもらえるかどうかを確認すれば、場合によっては教えてもらえることもありますので、いつから課税されるのか担当者に聞いてみるのもよいでしょう。

一戸建ての場合で気を付けないといけないのは、その建物の下の土地も合わせて購入していればその土地も固定資産ですから、固定資産税の対象になりえます。このため、一戸建ての場合の固定資産税は建物に関する部分と土地に関する部分の両方が課税されることになります。

厚木のように政令指定都市の場合は、行政が県などから移管されている事務などが多くあるため、ある程度は厚木市で確認ができる場合が多くなります。厚木市の固定資産の評価担当部局に確認をしてみるのがよいとされます。

そもそも固定資産税は毎年1月1日現在の所有者に課税されることになりますので、その年の途中に一戸建てを建築した場合には次の年から課税されることになります。また、土地はともかく建物は徐々に劣化していくという考え方をするため、少しずつ固定資産の評価額も減少をしていきます。基準となる金額が減少していくわけですから当然ながら税額も年々減っていくのが一般的です。ただし、年の途中に増築などをした場合はその増築分の固定資産の評価もされますので、その分も合わせて一戸建てとして計算をし直されます。当然ながら減少することはあり得ず、増築相当の固定資産の評価額を加えられて計算し直されることになります。

なお、増築が離れとなっている場合、つまり1戸として判断できるかどうか検討された場合には少々複雑で、全体つまり一戸として見るかあるいは二戸として見るか判断が分かれる場合があります。このあたりは行政の判断如何によりますが、その判断理由などを行政側から一般的には説明をしてくれますし、もし不明な場合は課税される側から問い合わせをすれば、その回答をしてくれる場合もあります。

いずれにしてもこの税金は毎年のことであり、一般的に高額なためにできるだけ節税できないか考えたいと思う人も多くいますが、その課税の根拠についてしっかりと確認と説明を行政側に求めることも必要となります。”

Copyright© 2018 厚木市で一戸建てを買うときに知っておくと便利な情報 All Rights Reserved.