厚木市で一戸建てを買うときに知っておくと便利な情報

固定資産税はいくらか

厚木での一戸建ての固定資産税はいくらなのかについて

厚木での一戸建ての固定資産税についてですが、いくらになるのかは建ててからでないと分かりません。というのも、家を建築した後に市役所、区役所、神奈川県庁の固定資産評価担当などが訪ねてきて、その固定資産の評価を行うことになるからです。その固定資産の評価を基準として、税率をかけて固定資産税額を計算します。また、土地についてはその土地にはもともと毎年固定資産税が課税されているはずであり、その固定資産税評価額と若干の上下はある可能性はありますが、概ね同じような金額で課税されることになるので、もし不明な場合は、課税元となる区役所や市役所に尋ねれば分かる場合が多くあります。

厚木での一戸建ての固定資産の評価には大抵の場合は市役所や区役所の評価担当が来るはずですが、場合によっては県の担当者が来る可能性もあります。そのあたりは行政官での何かしらの取り決めの中で判断してくるので、一概に必ず県の担当者が来るとは限りませんし、来ない場合の方が多くあります。

なぜ県庁の担当者が来るのかというと彼らも固定資産評価を行う必要があるためで、神奈川県が課税する不動産取得税の課税の元となる固定資産評価額を知ることが必要な場合があるためです。市役所などと県庁の間では固定資産の評価額をお互いに連携をとって情報のやり取りを行い、それぞれ課税することになっています。厚木などでの一戸建ての場合も同様です。不動産取得税の場合は、取得した時1回限りの税金であり、また住宅の場合は減額の制度がありますから、適用になることも多くあるため、申告を確実に行うことが大切です。

なお、一戸建ての場合は毎年その建物の価値が下がるという減価償却の考え方があるため、徐々にその固定資産評価額は下落していくので、毎年の課税額は減っていくことになります。

一戸建ての場合には新築から時間が経てば経つほどその価値は減価償却により減っていくために、毎年の課税額は減少していくのが一般的ですが、ただし、増築などを行った場合にはその増築分の評価額が上乗せされるため、それほど減少しない場合もあります。

最近よくある2世帯住宅については、固定資産税も不動産取得税もできれば建築する前にその図面などを県や市町村の担当者に見せておくことが重要です。特に減額の対象となるかならないかの判断がありますので、建ててしまってからでは万が一減額の対象とならない場合には高額な税金を払う必要が出てくるおそれがあります。”

Copyright© 2018 厚木市で一戸建てを買うときに知っておくと便利な情報 All Rights Reserved.